ダイエット☆ダイエット ブログ☆ダイエット
無一文からの復活劇!特進アフィリエイトで喜びの声が爆発しています

ダイエット

間違った部分痩せダイエット

ダイエット☆ダイエット ブログ☆ダイエット」ダイエット ブログ管理人のみやこです。

ダイエット☆ダイエット ブログ☆ダイエットの今回の「ダイエット」は!!

前回も部分痩せダイエットについてお話しましたが、今回も部分痩せダイエットについてもう少し。
今回は「間違った部分痩せダイエット」についてお話していきたいと思います。

部分痩せダイエットの方法でよく行われている方法を調べてみました。

1:マッサージをする
2:痩せたい部分にラップを巻く
3:腹筋運動(部分運動)

こういった方法があると思います。
部分痩せダイエットに興味のある方は試してみたことあるのではないでしょうか?

前回も部分痩せダイエットについてお話したと思います。
部分的に「そこだけ痩せる」「そこだけ脂肪を落とす」のはじっしつ無理なのです。

そこで、今回は上の3つの部分痩せダイエット方法ではどうして痩せないのかについて書いていきたいと思います。

1:マッサージする
はっきり言って効果は「全くない」といっても良いですね。
脂肪燃焼のプロセスには脳の視床下部からの指令に基づいて全身の交感神経から放出されるノルアドレナリンが必要なのだそうです。
脂肪から分解された脂肪酸が必要部位へ運ばれるため、もんでも脂肪は全く減らないのですって。
そして実際に脂肪をマッサージで減らそうと思えば強い力で脂肪組織を押しつぶすしかなく、そうなると炎症や出血が起きるのだそうです。
そうはいっても実際、マッサージの後細くなったって聞いた事あるって方もいらっしゃるのではないでしょうか。
じつは!!マッサージで細くなるのは脂肪がなくなるからではなく、むくみがとれて一時的に細くなっただけであり、時間が経てば元通りだそうです。
ただ、リンパマッサージや、お風呂などで行うマッサージなどは血行をよくし、老廃物を排泄する効果もありますし、代謝をあげる効果もあります。
ですから、間接的にはダイエットの手助けとしての効果は十分期待出来ると思われます。
それにマッサージだけでは痩せないでしょうけれど、これと併用してマッサージの後に運動を行われるとダイエット効果はあると思いますよ。

2:ラップを巻く
汗が出るだけで脂肪には一切関係ない方法です。
汗は水分なので、体内の余分な水分を出しているだけであり、脂肪が減る事はあり得ないそうです。
全身をラップで包んだ場合、「体温上昇と脱水症状で最悪は熱射病の状態になる」こともあるそうです。

3:腹筋運動(部分運動)
筋肉を動かす運動をしてエネルギーが必要とされると、脳の視床下部から「脂肪を分解せよ」と指令が出されるそうです。
しかし「脂肪分解」の指令は全身に出されるもので、局部的にだされるものではないのだそうです。
使う部位の脂肪が減るのではなく対象となる脂肪は全身に及び、しかも有酸素運動をしないと全然意味が無いという事です。
これって意外と知らなかった人が多いのではないでしょうか。
ですが!!筋肉線維が鍛えられる事によって、基礎代謝がアップします。
それによって太りにくくなったり引き締め効果を得られるなどダイエットの補助として効果的な方法である事は間違いありませんけれどね。

上の3つの方法が部分痩せダイエットに効果が無いのがわかっていただけましたでしょうか?
ただ、マッサージの後に運動する等の方法が「太りにくく、基礎代謝をあげる」方法につながっていく事はダイエットに大切な要素だと思います。
リバウンドしない身体作りがダイエットの成功の秘訣だと思います。

ダイエット☆ダイエット ブログ☆ダイエット」で楽しく健康的なダイエットのお手伝いが出来ますように☆彡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44219860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。