ダイエット☆ダイエット ブログ☆ダイエット
無一文からの復活劇!特進アフィリエイトで喜びの声が爆発しています

ダイエット

食べ過ぎ対策

食べ過ぎ対策:「胃・脾・大腸」のツボ
9月19日16時8分配信 (サーチナ・中国情報局より引用)

ツボ道場:ツボで美しく健康に 第5回−邱淑惠

 ようやく暑い夏も終わりを告げ、一年中で一番過ごしやすい季節である秋がやってきました。

 秋と言えば、なんと言っても「食欲の秋」。たくさんの美味しい食べ物が食べることができる秋は、ついつい食べすぎてしまいがち。食べすぎは、胃腸にとってもよくないですし、ダイエットの大敵です。自分の体型を維持する上でも、食事を適量に抑えることはとても重要なのです。

 食欲のままに食べてしまうとあとが大変なので、食べすぎには充分注意したいものです。 そんな食べすぎ抑制には、食欲を抑える効果がある胃・脾・大腸区のツボを刺激して食欲をコントロールしましょう。◆胃・脾・大腸のツボ



 胃・脾・大腸のツボは、手のひら側、親指の付け根部分から生命線に沿って手首にかけて広がっているゾーンにあるツボです。この胃・脾・大腸区というツボは、その名の通り胃腸などの消化器官に深く関係しており
、強く刺激することで満腹中枢が刺激され、そんなにたくさん食べなくても満腹感を得ることができます。

 このツボへの効果的な刺激法としては、この部分を指でギュッとつねったり、ツマ楊枝やヘアピンなどの道具を使って痛いくらい突いたりして、とにかく強く刺激しましょう。

 逆に、なでる、揉むといったソフトな刺激では、逆に食欲を増進させてしまう恐れがありますので注意してください。目安としては、食前に片手20〜30回ずつ程度刺激するのがポイントです。

 ぜひ、食べ物をつまむ前に手のひらをつまんでくださいね。

 胃・脾・大腸区のツボを刺激する方法は、若い女性のダイエットにも効果ありと言われています。このツボを上手に活用して、食欲をコントロールできるといいですね。(執筆者:邱淑惠・中国健康法研究所所長)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56451446
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。